VMWareで設定どこまでできるのかためしてみたくなったので、 メモする

いろいろ、設定でメモすることがあるようなので、

13.04は日本語のメニューの設定ができませんでした。

12.10に戻して日本語の設定をする

で、ログアウト後のメモ

sudoばっかりやるので、

sudo su -

としておく

apt-get install

も多用するので、

alias inst='apt-get install'

として.bashの定義ファイルに登録しておく

ソフトウェアを探しやすくするツール

inst synaptic

Vim完全版をインストール

inst vim

Mozcインストール

inst ibus-mozc

動作があやしいらしいので、

ibus-daemon -drx

一旦ログアウトするようだ。

ibus-setup

で設定画面が出てくる。真っ先に削除したいショートカットがある。Control+Spaceだ。

これは、eclipseなどで、メソッド名候補を出す重要なショートカットとバッティングしている。

ubuntuのシステム設定の画面にiBusアイコンがないのはなぜだろうか?キーボードのレイアウトのアイコンはあるのに、どうせだったら、キーボードというアイコンを作って、そのなかで、iBusのアイコンを入れるべきだとおもう。

クローム入れとく

inst chromium-browser

ソースハイライトも入れておく

inst source-highlight

リソースファイルを色付きにしたい場合には、ファイルの先頭に#!を付けて実行対象を記入しておくとよさそうです。

ちなみにこれ、centOS6では入らなくなってるんだよね。

viの色きれいにしておく

mkdir -p ~/.vim/colors

http://www.vim.org/scripts/script.php?script_id=2340

ダウンロードしてきたカラースキームを入れる

mv ~/Downloads/molokai.vim ~/.vim/colors/molokai.vim

.vimrc

set backspace=indent,eol,start "Backspaceを調整
set smarttab
set whichwrap=b,s,h,l,<,>,[,]
set t_Co=256
colorscheme molokai
:syntax on

Javaも入れる

add-apt-repository ppa:webupd8team/java
apt-get update
oracle-java7-installer

eclipse(pleideas)を入れる

inst pleiades

emacs24も入れておく

inst emacs24

playはダウンロードして入れる

名前を同じくする

ln -s play-2.1.2-RC2/ play

スケジュール管理ソフト入れる

inst evolution

projectlibreをいれる linux版をダウンロードしてくる

alias inst='dpkg i'
instd 例/Downloads/projectlibre_1.5.6-1.deb

sshもいれる

inst ssh

下記の操作はひつようがないかも

# umount /run/user/root/gvfs

ディストリビューション作る人には

これらを自動でやってくれるようにしていただきたいとおもうのであった。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-07-01 (月) 03:19:17 (3031d)