目次

趣旨

twitterでAIの記事が次から次へとながれていって、集中力が分散されていると判断しまた。 集中度の高い技術を選択と集中で、戦略的に勉強していく必要があると判断しました。

Copilot

エディタなどの開発環境にOpenAIを組み込んだ際のOpenAIのブランド名のようなものになっている。

wolverine

Wolverine でスクリプトを実行すると、スクリプトがクラッシュすると、GPT-4 がスクリプトを編集し、問題の原因を説明します。多くのバグがあっても、修正されるまで繰り返し再実行されます。

https://github.com/biobootloader/wolverine

twitterの動画による説明

https://twitter.com/bio_bootloader/status/1636880208304431104

ChatGPTを音声で操作できるようにするプラグイン

https://chrome.google.com/webstore/detail/voice-control-for-chatgpt/eollffkcakegifhacjnlnegohfdlidhn

chatgptのプラグイン

zapier

https://www.youtube.com/watch?v=48D84fsekGM

extractGPT

https://www.youtube.com/watch?v=tQ9X7PgkFys&t=13s

scraper

https://www.youtube.com/watch?v=tQ9X7PgkFys&t=13s

ChatGPTs

Grok(xAI)

LLama3

オープンソースでありながらChatGPT3に迫る性能

Phi3

miniが登場した.

38億パラメータ。GPT3が、1750億パラメータ

LLama3の性能を超えた。ChatGPT3.5と同じぐらいの性能だが、パラメータ数が100分の1ぐらいになっている。

スマホに搭載することが可能になってきている点がすごい

会議の議事録の要約のような簡単な差作業はは、Phi3に任せて複雑な処理は大規模言語モデルに任せる運用ができるようになった。

個人でも導入することができるレベルになってきた。

AzureやHugging FaceといったクラウドサービスやOllamaというローカルでAIを動かすサービスを使うことができる。

ollama

https://ollama.com/ Chromeの拡張機能を使うとChatGPT風に使うことができる

ChatHub?

いろいろなAIを比較できるChromeの拡張機能

Dify

CHATGPTやCloude3を使った分だけ課金で利用ができるようになる。

GPTsの上位互換的なアプリ

アプリを使うところまではオープンソースで公開されている

ローカルにDockerで環境構築できる https://github.com/langgenius/dify

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-05-07 (火) 18:21:32 (10d)