構文解析の記事一覧

目次

動機

たまたま、自分に貸与されたパソコンにStrutsの一部がインストールされており、 そのStrutsにantlrのversion2.7.2が含まれていた。

そこで、antlrで日本語を扱うためのやり方をしらべた

options
{ k=1;filter=true;
   charVocabulary='\u0080'..'\uFFFE'
}
NAME: ('\u0080'..'\uFFFE')+ NEWLINE
NEWLINE
: '\r' '\n'
;

あと、文字入力をすると、Shift_JISで読み込んでいるらしいので、デコードしてやる必要有り。

# 日本語対応しているバージョン 数年ぶりに、上記の記事を修正

https://sites.google.com/site/cloverplusrose/gou-wen-jie-xi/antlr

によれば、日本語対応は、v3.4 からみたい。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-17 (火) 15:37:50 (61d)