アプリコード

目次

SEO【Search Engine Optimization サーチエンジン最適化】とは

SEOとは、サーチエンジンの検索結果のページの表示順の上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫すること。

現状ではSEOとはGoogle、Yahooに登録することといってもいいでしょう。
なぜなら複数の検索サイトもエンジン部分は同じであり市場を独占しているとっても言い過ぎではないからです。
いくつか検証してみた結果Googleは検索広告市場を事実上独占していると認識しました。
(ここでの独占とは法律的にではなく、検証結果にもとづいた主観的な意味です。)

そんなわけでSEO対策は実施後も観察&解析することがとても重要です。

サーチエンジンは登録されているWebページをキーワードに応じて表示する。

その様々な技術や手法を総称してSEOという。

すぐ効果がでるのか

早くても2、3日かかります。プロバイダーとサーチエンジンとの相性で障害がある場合もあるので、

障害があるから検索エンジンにのらないのか、準備中だからのらないのか確認する技術がないと、トラブル時判明までの時間がかかります。

毎日更新されるページが評価が高かったりするので、技術というより地道な努力も必要。

毎日ちょっとずつの積み重ねが必要です。

SEO業者の選定方法

HTMLのタグに気をつけてSEO対策

TitleをキーワードチックにしてSEO対策しよう (効果有)

HTMLのタイトルタグ内がキーワードとして採用されている可能性大なのでここをキーワードチックにかいとけば大丈夫だ。

<title> </title>

H1タグもキーワードチックにする

<H1> </H1>

リンク元の文字に気をつけてSEO対策

リンク元のリンクの文字列もキーワードになります。

Googleで「18歳未満」と検索するとYahoo!が上位に表示。
これは、アダルトサイトなどが「18歳以上 | 18歳未満」という選択肢を設け、
「18歳未満」をYahoo!にリンクしているためです。

PukiWikiの場合は新規ボタンをクリックするとページ名をもとめられるが、 一度決めてしまうと修正ができないので慎重にキーワードチックにしよう。

避けておくSEO業者

検索エンジンのクロール (検証結果:効果無し)

クロールとは検索エンジンのデータベースに登録されること程度の意味です。

つまりSEO対策のクロール対策が必須なわけですね。

YahooやGoogleなどの検索エンジンがネットという情報の海を クロールで泳いでいるようなイメージといったところでしょうか。

lolipopサーバでの対策 (検証結果:効果無し)

下記の302エラー対策をする

302エラー対策

通常存在しないファイルにアクセスした場合のエラーコードは404と規定されているのですが、 プロバイダーの設定によっては302エラーをかえします。 何が困るかというと、302エラーをサーバが検索ロボットにかえした場合、 検索エンジンから、そのドメインの登録を抹消してしまうケースがあるのです。

GMOグループのレンタルサーバの特性

http://e-club3.hyperposition.com/seoblog/searchengine/20080411142824.html

によれば、実在しないアドレス「jjj」をブラウザに入力してhttpヘッダーをキャプチャーした結果 は下記のようになります。

http://onnoji.com/jjj がリクエストされる
↓
リクエストされたファイルがない!!
↓
「302」のコードを返し「 http://err.chicappa.jp/404.html 」へリダイレクト
↓
「404」のコードを返す

302のコードを返さないようにするには、

自前で404.htmlファイルを用意すると上記の流れにならずに404コードをかえす仕組みになる。

自前で404.htmlファイルを用意する。

htaccessファイルを設定する

ErrorDocument 400 /error/400.html
ErrorDocument 401 /error/401.html
ErrorDocument 403 /error/403.html
ErrorDocument 404 /error/404.html
ErrorDocument 500 /error/500.html

パス名は相対パスの記入が必須

ブラウザでのカスタムページの制限

ブラウザからは512バイト以下のページはカスタムページを表示しないようになっています。

ロリポップサーバの場合のエラーページの設定

ユーザログイン後の画面からエラーページの設定画面で設定できるようになっています。

事前準備

検索エンジン・ロボット(インデックスクローラー)がサイトをクロールする際は、必ず最初に robots.txt にアクセスします。 このファイルがないとクロールしないようになっています。

robots.txtとは (検証結果:ロボットはこのファイルをみている)

robots.txt とは、これをサイト内の所定の場所に置くことにより、特定のページが、検索エンジンのインデックス(データベース)に登録されないようするためのファイルです。 このファイルが設置されていないと安全のために検索エンジンにクロールさせないようにするプロバイダーもあることから、robots.txtの設置はSEO対策では必須だといえます。

.htaccessを確認する

pukiwikiのデフォルト.htaccessでは下記のようにtxtの直接アクセスが禁止されています。
# Prohibit direct access
<FilesMatch "\.(ini\.php|lng\.php|txt|gz|tgz|zip)$">
	Order allow,deny
	Deny from all
</FilesMatch>
つまりrobots.txtのアクセスが禁止され、通常サイトでは404エラーをロボットにかえして問題ないのです。

が、GMO系のサーバはいったん302系のエラーを返してしまうので、Googleのロボットは登録非対称と認識してしまうわけなのですね。

robots.txt の書き方 すべてクロールを許可する例

User-agent: * Allow: /

robots.txt の書き方 すべてクロールを禁止する例

User-agent: *
Disallow: /

Disallow

特定のフォルダやファイルを禁止する例 User-agent: * Disallow: /_layouts/ Disallow: /desktop.ini/

プロバイダーの対策のため無理やりrobots.txtを設置する場合

User-agent: *

robot.txtではなくrobots.txtでアクセスしてくる検索エンジン

検索エンジンUser-agent名robot.txt以外にアクセスしようとするファイル名
GoogleGooglebotrobots.txt
goomoget
msnmsnbotrobots.txt
infoseekInfoSeek?robots.txt

事前に準備しておく内容 (検証結果:効果有り)

代行を頼むにせよ、自分でやるにせよ必要な記入事項です。

検索エンジンに登録する

まずは無料でできるところから登録をしてみましょう。

一括登録してみる (検証結果:ネットアイランドに登録可能であり効果大)

考察

Yahooに登録

http://submit.search.yahoo.co.jp/add/request

Yahooカテゴリに登録

まずは下記のサイトにアクセス

http://dir.yahoo.co.jp/

自分が登録したいカテゴリまでたどっていき
登録リンクがあるのでクリック
あとは指示に従う

Googleに登録

http://www.google.co.jp/addurl/?continue=/addurl URLを入力するだけで登録ができました。

Bing(元はMSN)に登録

http://www.bing.com/?cc=jp の検索窓に無理やり自分のURLを入力する。 するとあるはずのURLを登録するため手順がでてくるのでそれに従う。

クロールのスピードをあげるには

URLを登録しただけでは、本当に登録されたかどうか、 平均半日ぐらいしないと結果がわかりません。

もっとスピードをあげる方法はあるのでしょうか。あります。 XMLサイトマップというものを登録することでスピードが上がります。

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2009/01/27/4876 によれば

とのことです。5倍~100倍早くなるんですね。 やっておいて損はないとおもいます。

XMLサイトマップ

実際にはツールをつかってつくることになる可能性大なのですが、一応紹介いたしますと、 http://www.sitemaps.org/ にて定義されており次のような機械に読み取らせやすいファイルです。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9">
  <url>
     <loc>http://www.example.com/</loc>
     <lastmod>2005-01-01</lastmod>
     <changefreq>monthly</changefreq>
     <priority>0.8</priority>
  </url>
</urlset> 

おすすめサイトマップ作成サイト

できあがったサイトマップのダウンロードするべきファイル

生成完了画面の文字列用途
Download un-compressed XML SitemapGoogle用です。
Download Sitemap in Text FormatYahoo用です。

XMLサイトマップ生成ツール

サイトマップを登録する

サイトマップを作成したら早速登録してみましょう。

Googleにサイトマップを登録する。

へログインします。

クロールの統計情報

下記に示すウェブマスターツールをみます。

ウェブマスターツール

ここからGoogleのクロールの統計情報等のツールが簡単に使えます。

より多くの見込み顧客を獲得するには

Google アドワーズ広告

ウェブ サイトでより収益を上げる

Google AdSense?

Googleの広告を掲載してお金をいただく仕組み。 コンテンツ力に自信のある方向け

広告を出したい場合

Yahooに広告を出す。

スポンサーとして表示する費用

(2009年12月02日現在)では

Googleに広告を出す

AdWords?

広告を出したい場合に利用します。

WEBツール

ページランク・チェックhttp://www.midcon-inc.com/google/pagerank-checker.php
一括PRチェックhttp://www.midcon-inc.com/google/multiple-pagerank-checker.php
外部リンク・チェックhttp://www.midcon-inc.com/google/pagerank-crawl.php
偽ページランク・チェックhttp://www.midcon-inc.com/google/fake-rank-checker.php
AccessAnalyzer?.comhttp://ax.xrea.com/index.phpかなり細かくデータ収集と分析をしてくれる。
検索順位 レポートツールhttp://seo.shoroji.com/
ページ内単語の頻度レポートツールhttp://www.webanalysis.ga-pro.com/

RSS

ウェブサイトのRSS

http://q.hatena.ne.jp/1146200528

[編集]

アクセス解析

アクセス解析といえばGoogle Analytics ただ、設定しても反応がわかるまで24時間なので、 すぐには、わかりません。

URL

http://www.google.co.jp/intl/ja_ALL/analytics/

はじめてつかう場合は申し込みボタンを押します。

ブラウザの cookie がオフになっています。

と表示されるので、その文章中の?をクリックすると解説ページがでてくるので、そこを選択します。

申し込みボタンを押す

ウェブサイトの URL:

アカウント名:

タイム ゾーンの国または地域:

タイムゾーン:

を入力します。

とにかくアカウントをつくるところまでいくと、次は、「トラッキングコードの追加」というページになる。

<script type="text/javascript">
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www.");
document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + 
"google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));
</script>
<script type="text/javascript">
try {
var pageTracker = _gat._getTracker("UA-12009577-1");
pageTracker._trackPageview();
} catch(err) {}</script>

アドバンスド

というタブがあるのでクリック

PHP ページをトラッキングします ってかいてあるところのチェックボックスをクリック

次のメッセージが追加される

すべての PHP ページに、次のコードをファイル (例: analyticstracking.php) に入れてサイトにアップロードします。
その後、下記の行をそれぞれのテンプレート ページの </body> タグの前に追加します。
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

保存して終了ボタンをクリック

pukiwikiにはりつけ

pukiwikiの場合analyticstrackingを どこにはりつけたらいいのか調べてみる。

"skin/pukiwiki.skin.php" が全ページのテンプレのようなので、 そこの</body>タグの直前にGoogle Analyticsのタグを埋め込む

</body>
</html>

これを下記のようにする

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>
</body>
</html>

とまあ

アクセス解析ソフト PHP-Stats

概要

おしゃれな感じ

日本語翻訳サイトが消えているので、つかう場合はイタリア語を覚悟することに

どのみちソースコードを見ようとおもうならば、 イタリア語のコメントとつきあうことになる。

http://en.php-stats.com/downloads

PHP-Stats の設置方法   http://tokyo.atso-net.jp/pukiwikip/?Php-Stats

Analog

lolipopではAnalogをつかったアクセス解析を用意している。 ユーザログイン後、Webツール>アクセスログ でたどり着く

機能は、つかってるブラウザの種類や人気のページがわかる程度

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-30 (金) 14:24:25 (2691d)