c3.ai?

C3 AI Applications

URL

https://c3.ai/products/c3-ai-applications/

モデル駆動型のAI

https://c3.ai/c3-ai-application-platform/model-driven-architecture/

セールストークによれば、「C3 AI モデル駆動型アーキテクチャは、従来の「構造化プログラミング」アプローチと比較して、開発者が作成および維持する必要があるコードの量を 99% 削減し、AI アプリケーションの開発およびデプロイに必要な労力を 26 分の 1 に削減することが示されています。」と書いてある。

ほんとうかなぁ?

特徴

C3 AI モデル駆動型アーキテクチャは「抽象化レイヤー」

C3 AI モデル駆動型アーキテクチャは「抽象化レイヤー」を提供します。これにより、開発者は長いコードを記述する代わりに、アプリケーションに必要なすべての要素の概念モデルを使用してエンタープライズ AI アプリケーションを構築できます。

簡単に変更および拡張できる数千の構築済み概念モデル

セールストークによれば、

「事前構築済みの拡張可能なモデルには、ビジネス オブジェクト (顧客、注文、契約など)、物理システムとサブシステム (エンジン、ボイラー、チラー、コンプレッサーなど)、コンピューティング リソースとサービス (データベース、ストリーム処理など) – アプリケーションが必要とするものはすべて、モデル駆動型アーキテクチャのモデルとして表すことができます。」

モデル駆動型アーキテクチャにより、「宣言型プログラミング」の使用が可能になります。

AI アプリケーションのモデリング

https://c3.ai/what-is-enterprise-ai/it-for-enterprise-ai/modeling-ai-applications/

結果として得られるもの

結果として得られる機械学習アルゴリズムは、本番環境にすぐにデプロイでき、標準の RESTful API を介してマイクロサービスとして利用できます。

C3 AI スタジオ

URL

https://c3.ai/c3-ai-application-platform/c3-ai-studio/

特徴

人気のある開発環境へのプラグイン的なものの紹介のようだ。

VSCodeのプラグイン

人気の Visual Studio Code ソースコード エディター用の C3 AI の拡張機能

たぶんJavaプログラマーは、これがとっつきやすいかもしれないなぁ

JupyterLab?

アプリケーション キャンバス

線でボックスを結ぶインターフェースのやつだ。

データ統合

SQLの世界だと、エンティティは、JOINとか使って書いていたけれども、 AI/MLモデルになると、メタデータ変換式を使うらしい。

C3 AI Data Studio

なになに?

「C3 AI Data Studio は、データ エンジニア、データ サイエンティスト、およびビジネス アナリストにローコード/ノーコード環境を提供し、異種のデータ ソースを迅速に探索し、統一された共通の拡張可能なデータ イメージにモデル化します。」

とかいてあるなぁ。つまり、ごちゃまぜのデータを使いやすい感じに整えてくれるツールってことかなぁ。

「C3 AI Data Studio は、ソース システムからメタデータを推測し、ユーザーに拡張可能なデータ モデルを提示します。」 ともかいてあるから、たぶんそうなのかなぁ。

 Javaでエンティティを定義したら、拡張の提案をしてくれるって感じかなぁ。

C3 AI プラットフォーム

C3 AI プラットフォームはソリューションを提供します。必要なインフラストラクチャがどれだけ多くても、プラットフォームはインフラストラクチャを抽象化して柔軟に保ちます。開発者は、コラボレーションしながら、好きな言語やライブラリを使用できます。プラットフォームが必要なインフラストラクチャを自動的にインスタンス化するため、実稼働環境への展開が簡単になります。これはすべて、C3 AI プラットフォームの心臓部である C3 Type System によって実現されます。

C3 Type System

https://c3.ai/what-is-enterprise-ai/it-for-enterprise-ai/c3-ai-type-system/

C3 Type Systemの概要

C3 AI タイプ システムを使用すると、基盤となるインフラストラクチャについてさまざまな想定を行い、さまざまなプログラミング言語で記述され、さまざまな計算モデルを使用して、プログラム、アルゴリズム、およびデータ構造を相互運用することができます。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-02-18 (土) 00:35:43 (517d)