電子出版の記事一覧

iPhoneプログラミング一覧

電子出版

iPadが販売されたので、電子出版について インターネットを検索して 調べたことをまとめてみる。

目次

AppleのiPhone・iPad向け電子書籍ストア「iBookstore」で、出版社と契約していない個人も自分の作品を配信できるようになった。

絵本作りました。

下記よりダウンロードできます。

このファイルを見るには、一応下記の電子書籍リーダで見ることは確認しました。

Reader Library

http://ebookstore.sony.com/download/

でも、iPhoneのStanzaでみると、みれる画像と見れない画像がありました。

なんでだろ。画像のサイズかな?

URL

https://itunesconnect.apple.com/WebObjects/iTunesConnect.woa/wa/apply

AppleのiPhone・iPad向け電子書籍ストア「iBookstore」で、出版社やSmashwordsなどの出版サービスと契約していない個人も自分の作品を販売できるようになった。新しいポータルから申し込みができるが、幾つか条件がある。その条件とは作品ごとにISBN(国際標準図書番号)を取得しておくこと、作品をEPUBフォーマットで用意すること。iTunes Storeアカウントと米国の納税者番号も必要だ。また、電子書籍をAppleのソフトでエンコードする必要があり、このソフトはIntelプロセッサとMac OS X 10.5以降を搭載したMacで動作する。売り上げの配分は不明だが、価格や販売地域は作者が決められるという。

Apple opens iBookstore to self-publishers(Ars Technica)

http://arstechnica.com/apple/news/2010/05/ibooks-opened-to-self-publishers.ars

目標

iBookStore?で個人出版する

コンテンツは絵本

ePub

http://ja.wikipedia.org/wiki/EPUB

EPUB形式とは、米国の電子書籍標準化団体の1つであるInternational Digital Publishing Forum(IDPF)が促進するオープンな電子書籍規格で、4月に発売予定のiPadや、ソニーの電子書籍リーダーReader Daily Editionで採用されているフォーマットです。

EPUB形式のファイルを作成できれば、iPadのiBooks Storeに自分の電子書籍をアップする事ができるはずです。夢の電子書籍出版。無名の作家が有料書籍をアップしてもなかなか買ってもらう事はできませんが、まずは無料でアップして読者が増えれば、いつか有料書籍を購入してもらえる日がくるかもしれません。

ePub3をブラウザで閲覧する

Readium

http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20120217_512849.html

ePubを自分で作成する

http://naoki.sato.name/lab/archives/45

使ってみたところ、画像のサイズは押さえないと表示されなかった。

ImageMagick?をインストール

http://rmagick.rubyforge.org/install-osx.html

sudo port install tiff -macosx imagemagick +q8 +gs +wmf
sudo gem install rmagick
 irb -rubygems -r RMagick

画像のサイズを変更するコマンド

絵本のような画像はスキャナで取り込むが、その場合サイズが大きいので、下記のコマンドで サイズを調節する。

http://rmagick.rubyforge.org/install-osx.html

mkdir small
cp ./png/*.png small
cd small
mogrify -format png -sample 25%x25% *.png

ePub作成手順

ePubを作成するには、その本体となるコンテンツ(XHTML、CSS、画像等)と、ファイルの内容を指定するメタファイルとを用意する必要があります。基本的には次のような流れになります。

エディタ等を使ってXHTMLとCSSで文書を作成します。この時、ファイルを複数に分割しても問題はありません。また、XHTMLについてはHTML宣言に言語を指定した方が良いようです。同文書で使用する画像等のリソースファイルを準備します。 文書と各リソースファイル類をOEBPSフォルダに移動します。リソースファイル類のアドレスに注意して、作成したXHTMLファイルがブラウザで問題なく表示できることを確認します。 目次ファイル(ncxファイル)を作成します。コンテンツの各XHTMLファイルとidとを紐付けます。 opfファイルを作成します。各メタ情報、アイテムのパス、目次等をコンテンツに応じて編集します。 META-INF/container.xmlを作成します。内容をopfファイルのパスに応じて修正します。 mimetypeを作成します。 ePubファイルを作成します。この時点でのフォルダ構成は上記のサンプルの例を参考にしてください。以下のようなコマンドでePubファイルを作成します。

zip -0 yourbook.epub mimetype
zip -r yourbook.epub * -x mimetype

ここで、-0オプションは圧縮しない指定、-rは下位フォルダも格納する指定、-xは除外するファイルの指定です。

電子書籍リーダやブラウザ等で動作を確認します。

エディタ

SIGIL

http://code.google.com/p/sigil/

連番画像ファイルからePubを作成するスクリプト

http://naoki.sato.name/lab/archives/142

生成されたHTMLコードの例

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
 <head>
   <meta http-equiv="Content-Type" content="application/xhtml+xml; charset=utf-8" />
   <link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css" />
   <title>01</title>
 </head>
 <body>
   <img src="image/01.jpg" alt="01" class="content" />
 </body>
</html>

当然このままでは使い物にならないので、このファイルを編集します。

日本語の文字化け対応

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">

日本語の書き方は注意が必要なので、サンプルをあげておきます。

日本語の電子書籍のサンプル

http://www.kobu.com/docs/epub/index.htm

多機能リーダ

GoodReader?

CloudReaders?

ePubリーダ

iPhone用ePubリーダ

Stanza

Stanzaは、同じ名前の『iPhone』用の人気電子書籍リーダーと協力関係にあり、適切な変換を簡単に行なうことができる。

Calibre

Calibreの方はもっと強力で、複雑な文書をさらにうまく処理できる。電子書籍を『iTunes』形式のライブラリに保存することも可能だ(ただし、実際のiTunesで、その電子書籍が保存される場合もあるだろう)。毎日の新聞を無料でダウンロードすることもできるし、自分で選んで追加した多数のウェブサイトやRSSフィードをダウンロードすることもできる。

Mac用リーダ

Reader Library

http://ebookstore.sony.com/download/

日本語の文字化け対応

(上にも同じことを書いた)

Adobe Digital Editions

「Stanza 」

http://www.lexcycle.com/

Firefox addon「EPUBReader」

http://www.epubread.com/en/

「AZARDI」

Windows版とLinux版があります。

http://www.infogridpacific.com/igp/AZARDI/

ePubのファイル構成

仕様書

http://naoki.sato.name/ocf/ocf_1_0_spec_ja.html

ePub妥当性チェックツール

Epubcheck 1.0.5

http://code.google.com/p/epubcheck/

ePub validator

EPUBReader

http://threepress.org/tools/

pdfからePUB変換

フリーのpdf –> ePUB変換サイト。だけどページが目に痛い

http://www.epub2go.com/Web/default.aspx

有料の変換ソフト

http://www.pdftoepub.com/

http://www.pdftokindle.com/

html –> ePUB「Book Glutton」

https://www.bookglutton.com/api/convert.html

「Feedbooks」

http://www.feedbooks.com/

「ブログ出版局」電子書籍ツール

http://print.cssj.jp/2/ebook/#publisher

連番画像のePUB化

「ChainLP V0.37-2 」

http://no722.cocolog-nifty.com/blog/chainlp/index.html

http://naoki.sato.name/lab/

電子書籍の管理ソフトでファイル変換も可能

http://calibre-ebook.com/

ePUBオーサリングソフト

「sigil 」

http://code.google.com/p/sigil/

「eCub」

http://www.juliansmart.com/ecub/

「eBook Publisher」

http://www.ebooktechnologies.com/support_publisher_faq.htm

iBookStore?で出版するには

iBookStore?で出版するにはAppleの指定する事業者(Apple Certified eBook Aggregator)が提供するサービスを利用します。以下に示します。(とか、書いているうちに自費出版できるようになった)

利用者が指定された形式でファイルをアップロードすると、EPUB形式に変換した上で無料のISBNを付与してiBookStore?に卸してくれる。

注意しておきたいのは、それぞれの事業者で利用料金が違ったり初期費用が必要だったり、販売先の幅が違ったり(iBookStore?以外にもB&NやSonyReader?用に販売できたりするってこと)、出版コミュニティを持っていたり(ソーシャルマーケチング!)する点ですね。

iBookStore?自費出版

準備するもの

申し込み

納税者番号や、AppleIDそして、ISBNを取得しないと、下記の申し込みアドレスを開いても入力ボックスがでてくるだけなのでちゃんと準備しないといけない。

iBookstore Online Application

URL

https://itunesconnect.apple.com/WebObjects/iTunesConnect.woa/wa/apply

オンライン上にファイルを置いて読者にダウンロードしてもらう

先ほど作成したEPUBファイルの電子書籍を、Stanzaを利用して読者にダウンロードしてもらう事ができます。今回はDropBox?のSharingを利用しましたが、レンタルサーバなどにアップロードしてURL接続ができれば、問題なくShareできると思います。

まずはDropBox?にファイルをアップロードして、URLを確認します。以下のURLは先ほど作成したEPUBファイルです。

http://dl.dropbox.com/0/view/zd7tu7nhstiwiaw/RyoAnna%20Books/Test.epub 次にiPhoneのStanzaでアンダーバーの「ブックを取得」をタップし、上部バーの「ダウンロード」を選択します。続いて画面右上の「+」を選択し、上記のURLを入力してダウンロードすればiPhoneで読む事ができます。PCのStanzaならファイルメニューのOpen Locationでダウンロードできます。

ISBN

管理団体

日本図書コード管理センター(国際的な本部はロンドンのISBN国際機関本部)

〒162-0828 東京都新宿区袋町6 日本出版クラブ会館2F

取得方法

下記に詳しくかいてあります、

http://www.isbn-center.jp/shutoku/index.html

以下要点のみ抜粋

日本国内に発行所を置き、日本国内で発行する書籍出版物の発行者であれば個人、団体(法人・任意団体/営利・非営利)を問わず、日本図書コード管理センターに登録を申請していただけます。

登録申請の手順は、上記リンクより申し込み書をダウンロードして、記入する。

料金

自費出版だと下記の料金になります。 16、800円

JANコード

流通させるためには、JANコードの取得が必要らしい。

費用

10,500円

コンテンツを販売できるサイト

バブー

ブログを書く感覚で本を出版できる http://p.booklog.jp/

デジコンカート

http://haishin.tv/dccart/

InDesign?からアプリを作製するツール

MCBook

.bookフォーマット

ボイジャー

URL

http://www.voyager.com

代行業者

APPLIYA STUDIO

movilibo STUDIO

その他

http://www.paburi.com/paburi/

出版社31社が加盟する日本電子書籍出版社協会(電書協)は、運営する電子書店「電子文庫パブリ」で、パソコンや携帯電話向けの電子書籍を、今秋をめどに、iPadでも発売する方針

ダイヤモンド、出版社向けに「DReader」使う電子書籍作成ソリューション

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100614/349169/

Javascriptだけでコンテンツの言語を切り替えするスクリプト

http://blog.masuidrive.jp/index.php/2008/09/22/switch-languages-in-javascript/

perl - O'ReillyのiPhoneアプリ本からepubをぶっこぬく

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51484907.html

TwitterのFavoriteをEPUBにする

スクリプト

ライブラリを下記からダウンロード

http://www.ytsuboi.org/SD201007/

MacPort?でRuby1.8.7で動作

gem install rubytter
gem install gepub
gem install -r libxml -ruby

出典

SoftwareDesigin? 2010/07号 112p

gepubライブラリ

CSSでルビをふる方法

青空文庫のデータをEPUBに変換するブックレット

作者

@naokisatoname

URL

http://naoki.sato.name/epubunco/bookmarklet.html

青空文庫の任意のファイルをEPUBとしてダウンロード

Unzip

unzip -x 42378_18502.epub

参考リンク

iPadでも使われるePub形式のInDesign?からの書き出し方法をAdobeサイトから調べてみた

http://www.kuma-de.com/blog/1-diary/2010-05-12/1960

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-02-18 (土) 23:04:08 (3536d)