次の2つ使う

import requests
import json

使い方

データを用意する

data=json.dumps({JSONのデータ})
headers=JSONのデータ

response = requests.request("POSTなど", url, headers=headers, data=data)

printなどでresponse.status_codeやresponse.textを出力

yamlの解析

yamlはruamel.yamlを使わないと、元のyamlを勝手にsortされてしまう。

from ruamel.yaml import YAML
from ruamel.yaml.comments import CommentedMap, CommentedSeq

yaml = YAML()

で、あとは

load

メソッド とかでyamlをパースすればよい

パースした結果には、要素がMap形式で格納されており、

for key, value in パース結果._items():

でループさせながら取り出すことができるし

パース結果['キー名']

でも取り出すことができる

その他の使えそうなライブラリ

import pathlib
import shutil
import logging
from copy import deepcopy
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-27 (月) 15:09:43 (47d)