目次

趣旨

これは、自分がpostmanを使ってみるときのメモである

背景

EXCELでREST通信できるように実装していたのですが、日本語の文字コードが変だが、postmanだと文字化けしていなかったため、 postmanでリスエスト時に設定しているリクエストヘッダと処理している文字コードの調査が必要になった。

POSTMANとは

API開発のデバッグツールである。クライアントとして実行ができる

インストール

ダウンロード

Webでも実行できるがローカルアプリのほうが制限が少ないらしい

https://www.postman.com/downloads/postman-agent/

POSTMANのアカウント作成

ここは省略

注意点

POSTMANではレスポンス見れるけど、他だと文字化けしてるんだよなぁ問題

プログラムだと文字化けしているが、POSTMANだと文字化けしていないという問題があって、調査したところPOSTMANは、gzip圧縮された文字列は自動的に解凍して出力する仕様になっているということがわかった。

なので、もし文字化けしてる場合、エンコーディングを疑う以外に最初の3バイトを解析してみて、それが16進数の1F,8B,08であれば、gzip圧縮されていると判定してよい。

ちなみにOracleの提供するAPIには、gzip圧縮しないようにリクエストヘッダのAccept-Encodingにidentityを指示しても、圧縮してくるAPIがあるからだまされないように、3バイトの16進数を確認すること。

リンク

PostmanのPre-request ScriptとTestsが便利

javascriptで、リクエストのパラメータを流し込み実行するサンプル https://qiita.com/k_karen/items/a0998d625e672b670ff6

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-06-07 (金) 09:51:52 (42d)