nginxはクラスっぽく作れる

import相当は
local クラス的変数名 = reqiore('ファイル名拡張子なし')

で利用は

local インスタンス変数名 = クラス的変数名.new(コンストラクタ変数)

定義するクラス側のプライベート変数の書き方

local _メンバー変数 = {
}

としておいて、

_メンバー変数.変数名

とかやる

メソッドについては

function  _メンバー変数.メソッド(引数)

とやる

味噌は、クラスの一番最後に

return _メンバー変数

と書いておくことがお作法だ。

locationでパタンマッチさせたあと、GETメソッドやPOSTで分岐させる書き方

if ($request_method = GET) {
   access_by_lua_file Luaファイル;
   conttent_by_lua_file Luaファイル;
}
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-27 (月) 15:23:53 (47d)