GitLab?サーバのアップデートなめてた

GitLab?サーバを個人で、立ち上げていて、久しぶりにアップデートしようとおもったら、 はまった。

自分の結論

下手に、アップデートするぐらいなら、OS再インストールしたほうが早い

プロジェクトがおわるまで、そっとしておいたほうがいいと思う。

バックアップは、必須で、設定ファイルをgit管理したほうが、安心かも

CenOS7でGitLab?の再インストールの手順

# SSH接続用
# useradd 自分のユーザ
# passwd 自分のユーザ 

yum -y update
yum -y install ibus-kkc vlgothic-*
localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8
source /etc/locale.conf



sudo yum install -y curl policycoreutils-python openssh-server
sudo systemctl enable sshd
sudo systemctl start sshd
sudo firewall-cmd --permanent --add-service=http
sudo systemctl reload firewalld

sudo yum install postfix
sudo systemctl enable postfix
sudo systemctl start postfix

curl https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/gitlab-ce/script.rpm.sh | sudo bash 

#yum install gitlab-ce
sudo yum install -y gitlab-ce

# vi /etc/gitlab/gitlab.rbのexternal_urlを変更 

gitlab-ctl reconfigure
# gitlab-ctl restart

先人のはまったブログ

https://www.codelab.jp/blog/?p=2128

学んだことを書いていく。

こまめに、バックアップ&アップデートしておくことが大切。

そうすれば、バージョンアップ順番をきにしなくても、

順番どおりの、バージョンアップになるので、なんとかなると思う。

久しぶりのバージョンアップは、いきなりのバックアップは、下記の

バージョンアップサイトを見ないとやばい。

GitLab?サーバのバージョンアップどうやばいのかというと、

GitLab?は、内部のデータをデータベースに定義しているのですが、

それの入れ替え作業を、バージョンアップで行っており、

これが、アップデートの途中でこけると、

前のバージョンに戻したいが、yumは、余計なおせっかいで、

昔のバージョンですよ。などといって戻すのを拒むのだ。

失敗してから、ログに下記のメッセージがでるのだ。

鉄の掟:GitLab?のバージョンアップ順番

https://docs.gitlab.com/ee/policy/maintenance.html#upgrade-recommendations

なお、この一覧は、ちょっと経由するバージョンの記述が足りないようだ。

11.11がすくなくとも抜けている

アップデートの最初に、言ってほしかった。でも、yumコマンドは、そのようなアップデート順番を指摘する機能は、ないのである。

だから、バックアップは、必須なのである。

鉄の掟:アップデート前に、バックアップせよ

gitのリポジトリをローカルにpullしておこう。最悪でも、そこから、ソースは復活できるから。

めんどくさいから、OSからいれなおしじゃー

SAKURAのレンタルサーバつかっているのですが、

いつのまにやら、OSの新規セットアップに、GitLab?のスクリプトが用意されておりました。

でも、若干バージョンがふるくて、いきなり、

設定手順にある、yum installをやると、

gitlabのアップデート順番どおりじゃなgitlab-ctl restartいから、

いったん、アップデート順番のページを確認しような。

11.3.4

中継のバージョンきまっているから、コマンド張り付けておこう

yum upgrade gitlab-ce-11.3.4-ce.0.el7.x86_64
gitlab-ctl reconfigure
gitlab-ctl restart
yum upgrade gitlab-ce-11.11.8-ce.0.el7.x86_64
gitlab-ctl reconfigure
sudo gitlab-ctl restart postgresql
gitlab-ctl restart

で、中継のバージョンまでの、アップデートが終わったら、

yum upgrade gitlab-ce
gitlab-ctl reconfigure
gitlab-ctl restart

いきなりのインストール方法が書いてある

https://about.gitlab.com/update

をみたが、だめだ。 ちなみにCentOS7だと

sudo gitlab-rake gitlab:backup:create STRATEGY=copy
sudo yum install -y gitlab-ce

とかいてあるが、途中のバージョンを経由してくれというメッセージがでた めんどくさ。おもしろいから、いいけど。

これで、最新かな。

あれPlantUMLつかえるようになっている?

PlantUML

Adminエリアのsettingで、 PlantUMLが、デフォルトでOFFになっているけど、つかえるのかな?

いきなりエイヤーとやるまえに

sshキーのバックアップは、忘れずにしておこう。べつに、なくてもいいけど。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-08 (日) 20:55:23 (70d)