WEBにおける表形式の入力項目でよくあるパターンをまとめる

同じ値だが、保管場所が分散している場合がある。

Beanの配列

Beanの配列へと一般化できる。つまりBeanの配列をスーパクラスにもつオブジェクトである。

SQLへの変換

これらの表はSQLで置き換えることができた方が、行ごとにSQLを発行しなくてよいので高速化だとおもう、計ったことないけど。

LEFT JOINの生成

これらをSQLで判定させるには、優先順位をつける必要がでてくるとおもう。

たいていは、

初期値が優先順位が一番したで、DB、セッション、編集中のデータ

と、優先順位がつくだろう。

データの過不足について考える。

テーブル A、Bがあったとして

LEFT JOIN を使うと

主体となるテーブルの行数に縛られるから、網羅したい場合は、大きめのテーブルを主体としたいの。

しかし、実際の編集時には、テーブルの大きさ順ではない、データ自体の立場的な優先順位に基づかなくてはならない。

この点が難しいところである。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-08-02 (火) 11:02:17 (3733d)