以下のプレビューを確認して、よければページ下部のボタンで更新してください。

アクセス解析

アクセス解析といえばGoogle Analytics ただ、設定しても反応がわかるまで24時間なので、 すぐには、わかりません。

URL

http://www.google.co.jp/intl/ja_ALL/analytics/

はじめてつかう場合は申し込みボタンを押します。

ブラウザの cookie がオフになっています。

と表示されるので、その文章中の?をクリックすると解説ページがでてくるので、そこを選択します。

申し込みボタンを押す

ウェブサイトの URL:

アカウント名:

タイム ゾーンの国または地域:

タイムゾーン:

を入力します。

とにかくアカウントをつくるところまでいくと、次は、「トラッキングコードの追加」というページになる。

<script type="text/javascript">
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www.");
document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + 
"google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));
</script>
<script type="text/javascript">
try {
var pageTracker = _gat._getTracker("UA-12009577-1");
pageTracker._trackPageview();
} catch(err) {}</script>

アドバンスド

というタブがあるのでクリック

PHP ページをトラッキングします ってかいてあるところのチェックボックスをクリック

次のメッセージが追加される

すべての PHP ページに、次のコードをファイル (例: analyticstracking.php) に入れてサイトにアップロードします。
その後、下記の行をそれぞれのテンプレート ページの </body> タグの前に追加します。
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

保存して終了ボタンをクリック

pukiwikiにはりつけ

pukiwikiの場合analyticstrackingを どこにはりつけたらいいのか調べてみる。

"skin/pukiwiki.skin.php" が全ページのテンプレのようなので、 そこの</body>タグの直前にGoogle Analyticsのタグを埋め込む

  • skin/pukiwiki.skin.php 291行目付近(最後の行あたり)
</body>
</html>

これを下記のようにする

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>
</body>
</html>

とまあ

アクセス解析ソフト PHP-Stats

概要

おしゃれな感じ

  • イタリア製 イタリア語と英語のページに分かれている

日本語翻訳サイトが消えているので、つかう場合はイタリア語を覚悟することに

どのみちソースコードを見ようとおもうならば、 イタリア語のコメントとつきあうことになる。

  • ダウンロード

http://en.php-stats.com/downloads

PHP-Stats の設置方法   http://tokyo.atso-net.jp/pukiwikip/?Php-Stats

Analog

lolipopではAnalogをつかったアクセス解析を用意している。 ユーザログイン後、Webツール>アクセスログ でたどり着く

機能は、つかってるブラウザの種類や人気のページがわかる程度


タイムスタンプを変更しない
トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS