play framework 1.2.5. sampleの特徴をまとめてみる

そもそも、1.2.5と2.0.1の違うとおもった箇所

play 1.2.5 と play 2.0.1は、上位互換にはなっていない感じ

つまり1.2.5のコードがそのままではうごかない。

netbeans IDEではいまのところScalaしか対応していない。Javaはeclipseのみ対応。

controllerは、1.2.5までは、staticのvoid型だったけど、2.0.1ではResult型で返す感じ

サンプル

サンプルはplay1.2.5を解凍すると

samples-and-testsフォルダに下記のディレクトリができている

ここに詳しくかいてあった!

http://playdocja.appspot.com/documentation/1.2.4/samples

上記のサイトの説明文をまとめてみます。

bookingよく知られている JBoss seam フレームワークの ‘booking’ アプリケーションのポーティングです。
chatHTTP ベースのチャットアプリケーションです。リソースを浪費せずに多くの同時接続ユーザを扱うことができるよう、非同期リクエストモデルを使用します。
facebook-oauth2
forumJPA を使用する簡単なフォーラムアプリケーションです。
i-am-a-developer
jobboardCRUD モジュールを使用して管理画面を自動生成するフル機能のジョブボードアプリケーションです。
just-test-cases
twitter-oauth
validationバリデーションがサポートされたフォームを作成する様々な方法を実演します。
websocket
yabePlay ガイド チュートリアルで作成するアプリケーションの完成形です。
zencontact簡単な連絡先管理アプリケーションです。

どうやら自由気ままにサンプルがつくられたわけではなくてそれぞれテーマもってつくられた感じです。

説明がかいてない箇所もあるみたいです。

1.2.5のほうが初回起動は、早い感じがします。2.0.1.だと、色々ダウンロードしてきているっぽい。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-20 (日) 20:44:47 (3445d)