iPhone開発/キャプチャの取り方

Windowsではボタンなども、プログラムの内部ではすべてウィンドウでしたが

iPhoneではビューという言葉が使われています。画面上に出てきているものは、すべてビューであるといってもいいでしょう。

つまり、ビューについて学ぶことがiPhoneアプリを学ぶ基本なのです。

サブビュー

追加

[parentView addSubview]

新たに追加されたサブビューは常に画面の最前面に表示される。

ビューの子を検索

[parentView subviews]

親からサブビューを削除

[childView removeFromSuperview]

サブビューを並べ替える

[parentView removeFromSuperview]

サイズと位置

ビューのサイズや位置はCGRectやCGPoint CGSizeで定義します。 また、

背景色

[myView setBackgroundColor?:[UIColor redColor]]

もっとも単純なビューは透明な入れ物にすぎないので色を付けることで区別することができます。

半透明

[myView setAlpha:value]

画面全体のレイアウト

縦置き

320×480

項目高さSTART座標高さEND座標
ステータスバー020
ナビゲーションバー2064
アプリケーションエリア64436
ツールバー436480

横置き

480×320

項目高さSTART座標高さEND座標
ステータスバー020
ナビゲーションバー2064
アプリケーションエリア64276
ツールバー276320

iPhoneの画面サイズは320×480ピクセルまたは、480×320ピクセルです。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-06 (土) 16:54:05 (4274d)