iPhoneプログラミング一覧

目次

本質

パブリッシャーにとって一番の得策は最も汎用性の高いプラットフォームで自社コンテンツが読めるようにすることなんですけど、アップルが現実に差し伸べる救済への道はただ1本、AppStore?を通る道しかない。それが、iAdの本質です。

特徴

iAdの特徴はアプリから離れることなく広告が見られることだ。たとえば、あるアプリを利用していると、そこにまずは小さく広告が表示されたとしよう。それをタップすると、ナイキだの、トイ・ストーリー(映画)だの、広告がスクリーン一面に現れるが、見終わって閉じると、ちゃんと元のアプリがそこにあって、続けて利用できる。

今回のマルチタスクの実装はユーザにとって嬉しいニュースであると同時に、アプリを作る開発者、そしてそのアプリを使ってプロモーションを打ち出すマーケッターや広告主にとってチャンス。iPadと同様、iPhone OS 4.0では、インタラクティブでゲーム性の高い新しい広告の形が生まれそうです。ユーザ・開発者・広告主・アップルのハッピースクエアが実現するのか。今回の発表を受けた今後のアプリの進化にも期待したいところですね。

広告例

アップルがトイストーリのサンプル広告を出しているらしい。

bit.ly/iAdEasy?

iAdアプリを開発するには

http://www.apptoiphone.com/2010/04/iad_25.html

先駆者のブログ

Superted

http://superted.me/toy-story-iad-navigation

参考にしたというかっこいい3Dモーフィングページ

http://webkit.org/blog-files/3d-transforms/morphing-cubes.html

導入には

iOS 4が必要

おそらくSafariリーダーでの開発が必要なぜなら

パブリッシャーはSafariリーダーを通した先の自社コンテンツ表示スタイルは一切いじれない。でも、「Wired」や「Popular Mechanics」みたいな雑誌アプリ作って、アップルのiAdプログラムでそこに広告出したら、ブロックされないんです。すごく深いところまでインタラクティブな広告だし、他の広告サービス --少なくとも非独立系の大手-- が絶対回収できない情報も回収できるというわけですね。

iBooksのサポートもある

効果

平均的ユーザーは1日あたり30分間アプリに費やします。3分毎に広告を出せば1日10回です。

iPhoneコミュニティー全体では、1日あたり10億インプレッションになります。

iADで生計は成り立つのか?

http://fladdict.net/blog/2010/06/does-iad-feed-me.html

有名ブランドが参加

iAdは、AT&T、Best Buy、Campbell Soup Company、Chanel、Citi、DirecTV、GEICO、GE、JCPenney、Liberty Mutual Group、Nissan、Sears、State Farm、Target、Turner Broadcasting System、Unilever、The Walt Disney Studiosといった著名グローバルブランドのモバイル広告キャンペーンと共にスタートします。Appleは2010年度のiAd出稿契約をすでに6千万ドル以上獲得していますが、これは2010年下半期分として予測される米国内のモバイル広告費合計の約50%に当たる数字です。

アップルが買収した広告系の会社

モバイル広告会社Quattro Wireless

http://www.quattrowireless.com/

アップルが買収し損ねた広告会社

AdMob? (Googleに買収された)

http://jp.admob.com/

AdMob?開発者ページ

http://developer.admob.com/wiki/JP

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-11-13 (日) 15:59:36 (3628d)