*目次 [#ce3bb365]
#contents

*SQLはpgAdmin3でサンプルコードが取得できる。 [#q56b1a73]
久しぶりにPOSTGRESQLを使った、もう10年ぶりぐらいだ、

いまでは、pgAdmin3とかいう、GUIで制御可能なインタフェースが用意されている。



*インストールの注意点 [#o1935cfc]
スペース入りのフォルダにインストールすると

cygwinの引数設定で、設定ファイルが見つからないとか、サーバ起動のファイルが見つからないとか言い出すので、スペース入りのフォルダに入れないこと

**スペースがあると困る例 [#lb4c525e]
 pg_ctl reload -D $DATADIR


*DB作製 [#vfbadcff]
作製するdb01とすると

 -- Database: db01
 
 -- DROP DATABASE db01;
 
 CREATE DATABASE db01
  WITH OWNER = postgres
       ENCODING = 'UTF8'
       TABLESPACE = pg_default
       LC_COLLATE = 'Japanese, Japan'
       LC_CTYPE = 'Japanese, Japan'
       CONNECTION LIMIT = -1;


*スキーマ作製 [#p452f5a2]
スキーマを作製するサンプル

初期権限などの設定を細かく指定するため、最初に設計をしておいたほうがいい。

 CREATE SCHEMA sc01
       AUTHORIZATION postgres;
 GRANT ALL ON SCHEMA sc01 TO public;
 ALTER DEFAULT PRIVILEGES IN SCHEMA sc01
    GRANT INSERT, SELECT, UPDATE, DELETE, TRUNCATE, REFERENCES, TRIGGER ON   TABLES
    TO public WITH GRANT OPTION;

 ALTER DEFAULT PRIVILEGES IN SCHEMA sc01
    GRANT SELECT, UPDATE, USAGE ON SEQUENCES
    TO public WITH GRANT OPTION;

 ALTER DEFAULT PRIVILEGES IN SCHEMA sc01
    GRANT EXECUTE ON FUNCTIONS
    TO public WITH GRANT OPTION;

*psqlの日本語設定 [#f5d56f3b]
10年ぶりに使ってからさらに数年たった。前回使っていたバージョンが思い出せない。

確か8.1とかだったかと思う。今は、9.3だ。また、数年後に思い出すかもしれない。

psqlをcygwinで使ってみた。
日本語の設定をする。いまどき大体文字コードはUTF-8で統一しているところが多い。

過去のサイトを見るとSJISに設定する例が載っていたが、やはり自分にはUTF-8がいい。

設定してうまくいったのでメモしておく。

**.bashrcまたは、.bash_profileに登録しておく設定 [#a86b27e9]
 export LANG=ja_jp.UTF-8

**psqlで実行 [#b308fc34]

 \encoding UTF-8


設定ファイルに入れても、無効だった。他にやり方はあるのだろうけれども、
仕方がないので上のコマンドをたたく。

*情報源 [#taf361fd]
http://yanor.net/wiki/?PostgreSQL%2F%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E7%AE%A1%E7%90%86%2Fpsql%2F%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB


*一覧 [#sf27cd98]

**テーブル一覧 [#w9637d06]

psqlを使うと、ショートカットコマンド風になっているが、インデックスのDDL情報を引き出すには、こっちのほうがいい。スキーマは、デフォルトでpublicなので、

下記の例においては求めるスキーマによって変える必要がある。

***サンプル [#f6891e16]
 SELECT * FROM pg_tables where schemaname='public' ORDER BY tablename;

**インデックス一覧 [#p9d789c0]
ユーザの作成したインデックスを出力するのはこちら

 SELECT * FROM pg_indexes i inner join pg_tables t on t.tablename=i.tablename where t.schemaname='public';

**インデックスのDDL生成 [#v6f85461]
pg_dumpは残念なことにプライマリキーの定義やインデックスの定義を吐き出さない。

オプションで用意しておいてほしいところだが、ない。
その代わりといってはなんだが、下記のコマンドで生成される

***テーブル名がt_target_geo_coordの場合の例 [#ya043e58]

 SELECT indexdef FROM pg_indexes i inner join pg_tables t on t.tablename=i.tablename where t.schemaname='public' and t.tablename='t_target_geo_coord';


自分がやりたいことは、リモートのインデックス生成情報を得ることだ。

psqlは標準入力を受け付けてくれるので、下記のような書き方になる。

 echo "SELECT indexdef FROM pg_indexes i inner join pg_tables t on t.tablename=i.tablename where t.schemaname='public' and t.tablename='t_target_geo_coord';" |psql -h IPアドレス -p ポート -U ユーザ名 -f - -d データベース名 | grep CREATE

*dateフォルダにあるpostgresql.confのclient_encodingの値 [#t596eda1]

UTF-8にしたい場合、次のように書く

 client_encoding = UNICODE

または

 client_encoding = UTF-8

再起動をかけないと反映されない。

*設定を反映 cygwinの場合 [#v5564108]

 pg_ctl reload  [-D DATADIR] [-s]




*PostgreSQLでencoding,collate,ctypeの初期値を変更する方法 [#re0b252c]

**URL [#o8e5e537]
http://symfoware.blog68.fc2.com/blog-entry-947.html

でも、ja_JP.UTF-8で登録しようとしたらエラーだった。


*データベース作成 [#d450394e]
pgAdmin3というツールで自動生成されるDB作成のコードは下記の通りだが、

エンコードがないとかでエラーになった。

 -- Database: postgres
 
 -- DROP DATABASE postgres;
 
 CREATE DATABASE postgres
   WITH OWNER = postgres
       ENCODING = 'SQL_ASCII'
       TABLESPACE = pg_default
       LC_COLLATE = 'C'
       LC_CTYPE = 'C'
       CONNECTION LIMIT = -1;
 
 COMMENT ON DATABASE postgres
   IS 'default administrative connection database';

LC_COLLATE = 'C'だと並べ替えで日本語を指定するときに困るのでは?

エンコードはUNICODEを使いたいし、その場合の、並べ替え方法はJapanese_Japan.932を使いたい。

テンプレートを使えというメッセージが出ている。サンプルをググって、

次のコードを実行できました。

 CREATE DATABASE データベース名
   WITH OWNER = postgres
        ENCODING = 'UNICODE'
 TEMPLATE template0;

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS