JHIPSTER一覧

目次

はじめに

このページは、

https://www.jhipster.tech/entities-filtering/

のgoogle訳を、ほぼそのまま張り付けて、レイアウトを整えて、コメントを付けたものです。

翻訳時点での、JHIPSTERのバージョンは6です。

だれでも、編集可能です。気に入らなかったら修正してください。

前書き

基本的なCRUD機能がエンティティに実装された後は、エンティティの属性に対してさまざまなフィルタを作成するという非常に一般的な要求があるため、サーバーをより効果的に使用できます。これらのフィルタはリクエストパラメータとして送信する必要があります。そのため、どのクライアント(およびどのブラウザ)でも簡単に使用できます。さらに、これらのフィルタは、正当で簡潔なパターンに従うべきであり、それらを自由に組み合わせることを許可されなければなりません。

有効化する方法

コマンドを使用してエンティティを生成するときは、

※windowsだと、powershellじゃないと、むり

jhipster entity 対象のエンティティ名

とすると、このエンティティでフィルタリングを有効にするためにサービスまたはサービス実装を選択メニューがでてきます。

既存のエンティティのフィルタリングを有効にしたい場合は

.jhipster

ファイルを設定します。

フィルタの設定範囲は、

JDLで使用する場合は次の一文をJDLに記入してください。

filter <entity name>

そして、次のコマンドで、再度jdlをインポートしなおしてください.

jhipster import-jdl 修正したJDLファイル

公開インターフェース

エンティティごとにエンティティジェネレータでフィルタリングを有効にし、その後、/api/my-entity以下のパラメータを使用してGETエンドポイントを呼び出すことができます。

もちろん、それらは自由に組み合わせることができます。

このフィルタAPIの表現力を体験する良い方法は、あなたのJHipsterアプリケーションのAPIドキュメントページのswagger-uiからそれを使うことです。

実装

この機能を有効にするEntityQueryService?と、and という名前の新しいサービスEntityCriteria?が生成されます。SpringはリクエストパラメータをEntityCriteria?クラスのフィールドに変換します。

では、EntityQueryServicecriteria?オブジェクトを静的でタイプセーフなJPAクエリオブジェクトに変換します。そのためには、ビルドで静的メタモデル生成を有効にする必要があります。詳細は

JPA Static Metamodel Generator

https://docs.jboss.org/hibernate/orm/current/topical/html_single/metamodelgen/MetamodelGenerator.html

のドキュメントを参照してください。

生成された基準が機能し、Springが適切に設定EntityResourceIntTest?されていることを証明するために、個々のフィルタごとに1つずつ、多数のテストケースが追加されています。

制限事項

現在サポートされているのは(JPAを使用した)SQLデータベースのみで、個別のサービスまたは個別のサービス実装/インタフェースの組み合わせがあります。

やってみる

翻訳はここまで、なんか、わかったようなわからないような。

JDLのフィルタを使う記述例

entity BankAccount {
        name String,
        amount Double
}
service BankAccount with serviceClass
filter BankAccount

ちなみに、filterは、アスタリスク表記OKみたい

参考

https://github.com/jhipster/jdl-studio/issues/37

動画

https://www.youtube.com/watch?v=MTfOY5COv8U

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-19 (金) 17:42:18 (144d)