目次

趣旨

FLEXとは

http://e-words.jp/w/Flex.html

体験版

https://www.adobe.com/cfusion/tdrc/index.cfm?product=flash_builder&loc=ja

バージョン4.5がダウンロードできる。 2011/6/18

APPLE FOR IOS サポート

グラフ表示

サンプルコード

<?xml version="1.0"?>
<!-- charts/BasicPie.mxml -->
<s:Application 
    xmlns:fx="http://ns.adobe.com/mxml/2009" 
    xmlns:mx="library://ns.adobe.com/flex/mx" 
    xmlns:s="library://ns.adobe.com/flex/spark" 
    creationComplete="srv.send()"
    height="600">

    <fx:Declarations>
         <!-- View source of the following page to see the structure of the data that Flex uses in this example. -->
         <mx:HTTPService id="srv" url="http://aspexamples.adobe.com/chart_examples/budget-xml.aspx"/>
         <!-- To see data in an HTML table, go to http://aspexamples.adobe.com/chart_examples/budget.aspx -->  
    </fx:Declarations>

    <s:layout>
        <s:VerticalLayout/>
    </s:layout>

  <s:Panel title="Pie Chart">
        <s:layout>
            <s:VerticalLayout/>
        </s:layout>
     <mx:PieChart id="myChart" 
        dataProvider="{srv.lastResult.data.result}" 
        showDataTips="true">
        <mx:series>
           <mx:PieSeries 
                field="amount" 
                nameField="item" 
                labelPosition="callout"/>
        </mx:series>
     </mx:PieChart>
     <mx:Legend dataProvider="{myChart}"/>
  </s:Panel>
</s:Application>

参考元

http://help.adobe.com/en_US/flex/using/WS2db454920e96a9e51e63e3d11c0bf6568f-8000.html

ダウンロード

下記のサイトから

QuietlyScheming Samples Source

をクリックするとダウンロードできます。デザインできすぎると標準化からはずれて、ちょっとわかりずらいとおもったので、メモしました。

http://www.quietlyscheming.com/blog/download-source/

Quietly Scheming解説

http://www.syboos.jp/flex/doc/flex-actionscript-demo-samples01.html

リンク

http://www.quietlyscheming.com/blog/charts/chart-drilldown-animations/

FlexからJavaオブジェクトを呼び出す簡単なサンプル

http://www.syboos.jp/flex/doc/flex-call-java-sample-by-remoteobject.html

Strutsアプリケーションに対するFlexフロントエンドの実装

http://codezine.jp/article/detail/110

FxStruts?

http://anirudhs.chaosnet.org/blog/2008.07.23.html

ビューレイヤを一旦 Flex に切り替えたら、Struts を使いながらモデルからデータを取得するのはむずかしくなる。FxStruts? はこの部分を簡単にするために開発された。

コンポーネント作り方

http://flex-component.org/index.php?FrontPage

BlazeDS

アドビのBlazeDSの資料(英語)

http://opensource.adobe.com/wiki/display/blazeds/Developer+Documentation

アドビのBlazeDSの資料(PDFで英語)

http://livedocs.adobe.com/blazeds/1/blazeds_devguide/blazeds_devguide.pdf

BlazeDSダウンロード

http://opensource.adobe.com/wiki/display/blazeds/Downloads

BlazeDSのミニマムなセット

http://walbrix.net/blog/2010/05/blazedsweb.html

BlazeDSとSpringを接続するアダプタ

http://www.igenko.org/archiva/repository/igenko/com/adobe/flex/blazeds-spring/

push技術

BlazeDSのPush通信を拡張する

http://blogs.dion.ne.jp/tracks/archives/9735917.html

BlazeDSはFlex/AIR版DWR

http://www.atmarkit.co.jp/fwcr/special/blazeds/blazeds_1.html

GrailsでblazeDSプッシュ配信!その1

http://ponytailthes.blogspot.com/search/label/blazeDS

Flex + LL連携(Ruby、Python、PHP)

http://codezine.jp/article/detail/4541

Rails 2.0とFlex 3 beta3でRESTfulなBookmarkアプリを作ろう 1

http://uenon.jp/blog/archives/2007/12/rails-20flex-3-beta3restful-1-1.html

Flex + Railsによるタイムトラッキング「Pomodo on Rails」

http://www.moongift.jp/2009/09/pomodo_on_rails/

SWF(Flash)ファイルのActionScript? 3.0対応のデコンパイラ

http://winmac.blog33.fc2.com/blog-entry-121.html

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-06-18 (土) 21:19:46 (3777d)