趣旨

自分が気になった、プログラムとはかんけいなさそうな未来チックな技術をまとめておく。

目次

Tecnology Radar

英語のサイトで新しいIT技術を、専門家が2、30人あつまって、技術を

有効性やデファクトスタンダードになっているかを判断しているレポートです。

https://www.thoughtworks.com/radar

Adoptとなっている技術は、これからのあたりまえの必須技術です。

参考サイト

http://d.hatena.ne.jp/jjjherojjj/

発明家

ディーン・ケーメン

http://en.wikipedia.org/wiki/Dean_Kamen

Dean of Invention 動画

http://www.youtube.com/watch?v=dslwC_rRfFs&list=PL4AE9E9BA9E4E522F

発明したもの

Slingshot(万能濾過装置)

http://www.youtube.com/watch?v=4j2d0Hb_GsE

http://www.wired.com/wiredscience/2008/03/colbert-and-kam/

http://en.wikipedia.org/wiki/Slingshot_(water_vapor_distillation_system)

海、水たまり、化学廃棄物処理場、六価クロム、ヒ素、毒、尿の50ガロンドラム - あなたは任意の水源を使用することができます。

人工義手

http://www.ted.com/talks/dean_kamen_the_emotion_behind_invention.html

DARPAが依頼、陸軍病院が協力し、モチベーションをあげていった

特徴

ターミネータの腕より高性能かも。

現時点でのIT技術のベンチマーク

時々、最新のフレームワークはどれかベンチマークを取っているようです。

http://www.techempower.com/benchmarks/#section=data-r4

無線送電

 MITでは、この仕組みを「WiTricity?」(「ワイヤレス」と「電力」の造語)と名付けた。WiTricity?では、送電可能な距離は限られるものの、部屋の中程度の広さならノートPCの充電ができるとしている。

URL:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0706/08/news021.html

宇宙エネルギーを熱変換!東電が必要ないドクター・中松ハウスの衝撃

情報源

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/121996

パワーグリッドエナジーストア

石油をつくる藻

http://www.sakura.cc.tsukuba.ac.jp/~kaya/Kenkyu.html

エクソンモービル

エクソンモービルは、2009年7月億ドル以上を投じて遺伝子組み換え藻類を開発する計画を発表

大腸菌でガソリンをつくる

アメリカLS9社シルマー博士

NEWTON 2010年12月号

石油を作り出す植物

ジュールバイオテクノロジーズ社は、そうした植物をすでに作り出したと主張している

高温岩体地熱発電

http://blog.goo.ne.jp/chipndale97/e/6fa03736a4fd999e81a9213dfa0f4846

口内の虫歯菌が激減、虫歯菌だけを溶かす酵素が商品化へ

広島大発のベンチャー企業「ツーセル」が、2004年に広島大大学院医歯薬学総合研究科の菅井基行教授らが2004年に世界で初めて発見した酵素を使って、虫歯を防ぐ歯磨き粉やガムを商品化することを目指している

http://www.twocells.com/business/chiteki/chiteki.htm

DENTSPLY international

http://www.dentsply-sankin.com/

細菌で虫歯予防

ストレプトコッカス・サリバリウス

自然に存在する善玉菌らしい。

「日経サイエンス」2010年3月号から

もう楽天でうっているかも

プロバイオテック スマイル

http://item.rakuten.co.jp/promoworld/probioticsmiile/

NOW オーラルバイオティック

http://www.supmart.com/search/?pid=25264

プロバイオティック フォーミュラ イチゴ味

http://sapuri117.com/?pid=18241840

フロリダのオランジェニクス社

http://www.oragenics.com/

は、遺伝子組み換え技術を用いて、糖を乳酸でなく微量のアルコールに変える新種の細菌を作り出した。

論文

未確認だけど、それっぽいのがあったのでリンクをメモ

http://www.springerlink.com/content/pxp7x6m7mvxmbuvu/

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2672.1991.tb03824.x/abstract

http://www.sciencedirect.com/science?_ob=ArticleURL&_udi=B6V24-4SH7DRD-2&_user=10&_coverDate=11%2F30%2F2008&_rdoc=1&_fmt=high&_orig=gateway&_origin=gateway&_sort=d&_docanchor=&view=c&_searchStrId=1705854534&_rerunOrigin=scholar.google&_acct=C000050221&_version=1&_urlVersion=0&_userid=10&md5=49df95942891cdcf7e77ffac74a78030&searchtype=a

万能ワクチン

Science2010年8月27日号

インフルエンザウィルスの表面にある「ヘマグルチニン(HA)」というタンパク質に、「抗体」が結合すると、ウィルスの感染力が失われる。

アメリカ国立衛生研究所のウェイ博士

卓上加速器

日経サイエンス2006年6月号

Chandrashekhar Joshi

Plasma Accelerators(SCIENTIFIC AMERICAN February 2006)

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の電気工学の教授。

量子テレポート

wiki

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8F%E5%AD%90%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

量子テレポーテーション技術の詳細な論文は、チャールズ・ベネットらによって1993年に発表された[1]。 長い間、実験は困難であるとされてきたが、1997年にインスブルック大学のD. Bouwmeesterらのグループが初めて量子テレポーテーション実験を成功させた[2]。 2004年には古澤明らが3者間での量子テレポーテーション実験を成功させた。さらに2009年には9者間での量子テレポーテーション実験を成功させた。これらの実験の成功により、量子を用いた情報通信ネットワークを構成できることが実証された。

東大、シュレーディンガー猫状態光パルスの量子テレポーテーションに成功

http://news.2chblog.jp/archives/51591511.html

1.発表者:古澤 明(東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 教授)

2.発表概要:量子力学の黎明期に提案された二大パラドックスである、 シュレーディンガーの猫とアインシュタイン・ポドロスキー・ローゼン(EPR)のパラドックスを テーブルトップで同時に実現し、それらを組み合わせてシュレーディンガー猫状態光パルスの 量子テレポーテーションに成功した。

3.発表内容:量子力学は黎明期に、その根幹を揺るがすいくつかのパラドックスが提案された。 中でもシュレーディンガーの猫とアインシュタイン・ポドロスキー・ローゼン(EPR)のパラドックスは 最も有名である。シュレーディンガーの猫とは、人間が直接見ることのできる巨視的なもの=猫が 重ね合わせの状態になるのか、というパラドックスであり、EPRのパラドックスとは、 量子もつれ状態(注1)にある2つの量子対は、空間的に離れていても片方の測定の影響が もう片方に及ぶのか、というものである。

シュレーディンガーの猫とは、生きた猫と死んだ猫の重ね合わせの状態であり、観測すると 生きた猫か死んだ猫のどちらかになる。本実験では、これを位相が反転した光の波動の 重ね合わせとして実現した。また、量子テレポーテーションでは、量子もつれ状態にある 2つの光ビームを生成し、片方への測定がもう片方へ及ぶことを用いて、シュレーディンガーの 猫状態にある光パルスを伝送した。つまり、重ね合わせの状態を保って伝送に成功した。 ここで重要なことは、シュレーディンガーの猫状態はそれを直接測定すると生きた猫か 死んだ猫になってしまい、重ね合わせの性質が失われてしまうが、量子テレポーテーションでは、 送信者側の測定が間接測定になるため、重ね合わせの性質を失わずに送ることができる。 つまり、量子テレポーテーションは、測定により壊れてしまう重ね合わせ状態を送れる唯一の方法であり、今回、これを目に見える形で実現に成功したことになる。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=278518&lindID=4

ロナルド・L・マレットの素粒子タイムマシン

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3

コネチカット大学で行われている、高出力レーザーを用いたタイムマシン実験である。 複数の高出力レーザーをリング状に配置し回転させる事により、一方向性リング・レーザーによる弱い重力場を生じさせる事により、回転している中性子が結果として生じる重力場の周りに引かれると予測される「擬似的なブラックホールの外周」を形成させることにより、中性子が結果として生じる重力場を利用し素粒子をタイムスリップさせる実験である。 現在は、素粒子に情報を乗せて過去へ送る実験の計画もあり注目されている。

タイムトラベルは不可能?

http://kanasoku.blog82.fc2.com/blog-entry-17849.html

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のブラウン博士に心酔して「次元転移装置」の開発を考えているなら、やめておいた方が良さそうだ。最新の研究によると、実験室で生成した極小サイズの“ビッグバン”を分析した結果、タイムトラベル(時間旅行)がまったく不可能であることが示されたという。

夢を砕いたのは、アメリカ、メリーランド大学の イゴール・スモリアニノフ氏とハン・ユージュ(洪玉珠)氏。 光の曲がり方が通常とは異なる先進素材を使って宇宙誕生をシミュレーションした。

実験の結果、「前進する“時間の矢”を後ろ向きに曲げ、既成事実を元に戻す」 という現象は実現不可能と示された。

スモリアニノフ氏は、「研究で用いたメタマテリアルは、約137億年前のビッグバン時代の原始宇宙をモデル化するにあたって、十分妥当な素材だ」と説明する。

スモリアニノフ氏とハン氏は、緑色レーザービームを使い、メタマテリアル内でビッグバンに似た現象を発生させる実験を行った。レーザー光が金原子に当たると、 自由電子の振動によって擬似的な粒子「プラズモン」が生成される。

プラズモンはレーザーがぶつかった点から放射状に外へ広がっていった。これは、「ビッグバン後、ある一点から物質粒子が放射状に広がった」という宇宙科学の想定に適合する。

観察を続けていくと、放射状に広がるプラズモンが外側に移動するにつれて、 経路が“ブレて”いくことがわかった。 この現象は、「介入がなければ、システムは時間の経過とともに無秩序になる」という 「熱力学第二法則」、いわゆる「エントロピー増大の法則」に合致する。

このシミュレーションモデルにおいてタイムトラベルは、「プラズモンが以前に移動した経路とまったく同一の経路に沿って移動し、“輪”を完成させる」現象として表現される。 ところが、エントロピーの影響などにより、プラズモンが経路を一度外れると、 輪を描くことはもはや不可能だった。

結果として、「宇宙に存在する粒子も時間を逆行できない」という結論が導き出される。

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/world/n_nationalgg_3__20110428_8/story/nationalgg_20110428001/

考察

素人の考察なんだけど、

単にプラズモンって電子の集団みたいなもんだから、当然経路はぶれる、輪は、そもそもできていないと、できていない過去にいっても、輪はできないのでは?

つまりこの実験で成功しても、失敗しても輪はできないのでは?

それなのに、輪ができていないから、タイムトラベルができないというのは、論理の飛躍があるようにおもう。

もう少し詳しい記事はないかなぁ?

プラズモン

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%A2%E3%83%B3

レーザ核融合

光産業創成大学院大(浜松市西区)は2012/04/04日、浜松ホトニクスやトヨタ自動車などとの共同研究で、 レーザー核融合反応を「爆縮高速点火」による手法で100回連続して起こすことに成功したと発表した。

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1333941315/

今のところヘリカル型核融合炉が効率が良いらしい

米ローレンス・リバモア研究所、レーザー核融合で「自己加熱」による燃焼を確認

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720130913eaag.html

http://www.newsweekjapan.jp/stories/us/2013/11/post-3111.php

光産業創世大学院大

http://www.gpi.ac.jp/

日本がメタンハイドレートの掘削に成功!1000兆円分の天然ガスを獲得!日本が世界有数の資源国となったぞ

http://jin115.com/archives/51863205.html

日本が世界2位の産油国に!日本の経済水域には7000兆円分の油田があるらしい

http://blog.esuteru.com/archives/6190872.html

ネズミの脳に直接記憶を書き込む実験が成功

学術誌「Nature Neuroscience」に掲載された論文によると、脳の組織を操作して人為的に記憶を作り出す方法ができてしまったみたいです。

この論文を書いたのは、米国ケース・ウェスタン・リザーブ大学医学部の脳科学および生理学・生物物理学教授のベン・ストローブリッジ博士と、博士課程学生のロバート・A・ハイドさんです。彼らは短期記憶を脳組織に直接保存する方法を示し、試験管に入れたネズミの脳組織で実験、成功した

http://www.gizmodo.jp/2012/09/post_10892.html

ドラえもんの手

Cornell Creative Machines Lab が開発した「Universal robotic gripper」 は小さな部品からグラスや卵まで、その "丸い手" でグイグイ鷲掴みしつつ、対象の強度に合わせて力の入れ具合も調整、正確にモノを投げ入れたりもできる万能ロボットハンド。

http://japan.digitaldj-network.com/archives/51984119.html

趣旨

自分が気になった、プログラムとはかんけいなさそうな未来チックな技術をまとめておく。

目次

参考サイト

http://d.hatena.ne.jp/jjjherojjj/

無線送電

 MITでは、この仕組みを「WiTricity?」(「ワイヤレス」と「電力」の造語)と名付けた。WiTricity?では、送電可能な距離は限られるものの、部屋の中程度の広さならノートPCの充電ができるとしている。

URL:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0706/08/news021.html

石油をつくる藻

http://www.sakura.cc.tsukuba.ac.jp/~kaya/Kenkyu.html

エクソンモービル

エクソンモービルは、2009年7月億ドル以上を投じて遺伝子組み換え藻類を開発する計画を発表

大腸菌でガソリンをつくる

アメリカLS9社シルマー博士

NEWTON 2010年12月号

石油を作り出す植物

ジュールバイオテクノロジーズ社は、そうした植物をすでに作り出したと主張している

高温岩体地熱発電

http://blog.goo.ne.jp/chipndale97/e/6fa03736a4fd999e81a9213dfa0f4846

口内の虫歯菌が激減、虫歯菌だけを溶かす酵素が商品化へ

広島大発のベンチャー企業「ツーセル」が、2004年に広島大大学院医歯薬学総合研究科の菅井基行教授らが2004年に世界で初めて発見した酵素を使って、虫歯を防ぐ歯磨き粉やガムを商品化することを目指している

http://www.twocells.com/business/chiteki/chiteki.htm

DENTSPLY international

http://www.dentsply-sankin.com/

細菌で虫歯予防

ストレプトコッカス・サリバリウス

自然に存在する善玉菌らしい。

「日経サイエンス」2010年3月号から

もう楽天でうっているかも

プロバイオテック スマイル

http://item.rakuten.co.jp/promoworld/probioticsmiile/

NOW オーラルバイオティック

http://www.supmart.com/search/?pid=25264

プロバイオティック フォーミュラ イチゴ味

http://sapuri117.com/?pid=18241840

フロリダのオランジェニクス社

http://www.oragenics.com/

は、遺伝子組み換え技術を用いて、糖を乳酸でなく微量のアルコールに変える新種の細菌を作り出した。

論文

未確認だけど、それっぽいのがあったのでリンクをメモ

http://www.springerlink.com/content/pxp7x6m7mvxmbuvu/

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2672.1991.tb03824.x/abstract

http://www.sciencedirect.com/science?_ob=ArticleURL&_udi=B6V24-4SH7DRD-2&_user=10&_coverDate=11%2F30%2F2008&_rdoc=1&_fmt=high&_orig=gateway&_origin=gateway&_sort=d&_docanchor=&view=c&_searchStrId=1705854534&_rerunOrigin=scholar.google&_acct=C000050221&_version=1&_urlVersion=0&_userid=10&md5=49df95942891cdcf7e77ffac74a78030&searchtype=a

万能ワクチン

Science2010年8月27日号

インフルエンザウィルスの表面にある「ヘマグルチニン(HA)」というタンパク質に、「抗体」が結合すると、ウィルスの感染力が失われる。

アメリカ国立衛生研究所のウェイ博士

卓上加速器

日経サイエンス2006年6月号

Chandrashekhar Joshi

Plasma Accelerators(SCIENTIFIC AMERICAN February 2006)

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の電気工学の教授。

量子テレポート

wiki

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8F%E5%AD%90%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

量子テレポーテーション技術の詳細な論文は、チャールズ・ベネットらによって1993年に発表された[1]。 長い間、実験は困難であるとされてきたが、1997年にインスブルック大学のD. Bouwmeesterらのグループが初めて量子テレポーテーション実験を成功させた[2]。 2004年には古澤明らが3者間での量子テレポーテーション実験を成功させた。さらに2009年には9者間での量子テレポーテーション実験を成功させた。これらの実験の成功により、量子を用いた情報通信ネットワークを構成できることが実証された。

東大、シュレーディンガー猫状態光パルスの量子テレポーテーションに成功

http://news.2chblog.jp/archives/51591511.html

1.発表者:古澤 明(東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 教授)

2.発表概要:量子力学の黎明期に提案された二大パラドックスである、 シュレーディンガーの猫とアインシュタイン・ポドロスキー・ローゼン(EPR)のパラドックスを テーブルトップで同時に実現し、それらを組み合わせてシュレーディンガー猫状態光パルスの 量子テレポーテーションに成功した。

3.発表内容:量子力学は黎明期に、その根幹を揺るがすいくつかのパラドックスが提案された。 中でもシュレーディンガーの猫とアインシュタイン・ポドロスキー・ローゼン(EPR)のパラドックスは 最も有名である。シュレーディンガーの猫とは、人間が直接見ることのできる巨視的なもの=猫が 重ね合わせの状態になるのか、というパラドックスであり、EPRのパラドックスとは、 量子もつれ状態(注1)にある2つの量子対は、空間的に離れていても片方の測定の影響が もう片方に及ぶのか、というものである。

シュレーディンガーの猫とは、生きた猫と死んだ猫の重ね合わせの状態であり、観測すると 生きた猫か死んだ猫のどちらかになる。本実験では、これを位相が反転した光の波動の 重ね合わせとして実現した。また、量子テレポーテーションでは、量子もつれ状態にある 2つの光ビームを生成し、片方への測定がもう片方へ及ぶことを用いて、シュレーディンガーの 猫状態にある光パルスを伝送した。つまり、重ね合わせの状態を保って伝送に成功した。 ここで重要なことは、シュレーディンガーの猫状態はそれを直接測定すると生きた猫か 死んだ猫になってしまい、重ね合わせの性質が失われてしまうが、量子テレポーテーションでは、 送信者側の測定が間接測定になるため、重ね合わせの性質を失わずに送ることができる。 つまり、量子テレポーテーションは、測定により壊れてしまう重ね合わせ状態を送れる唯一の方法であり、今回、これを目に見える形で実現に成功したことになる。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=278518&lindID=4

ロナルド・L・マレットの素粒子タイムマシン

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3

コネチカット大学で行われている、高出力レーザーを用いたタイムマシン実験である。 複数の高出力レーザーをリング状に配置し回転させる事により、一方向性リング・レーザーによる弱い重力場を生じさせる事により、回転している中性子が結果として生じる重力場の周りに引かれると予測される「擬似的なブラックホールの外周」を形成させることにより、中性子が結果として生じる重力場を利用し素粒子をタイムスリップさせる実験である。 現在は、素粒子に情報を乗せて過去へ送る実験の計画もあり注目されている。

タイムトラベルは不可能?

http://kanasoku.blog82.fc2.com/blog-entry-17849.html

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のブラウン博士に心酔して「次元転移装置」の開発を考えているなら、やめておいた方が良さそうだ。最新の研究によると、実験室で生成した極小サイズの“ビッグバン”を分析した結果、タイムトラベル(時間旅行)がまったく不可能であることが示されたという。

夢を砕いたのは、アメリカ、メリーランド大学の イゴール・スモリアニノフ氏とハン・ユージュ(洪玉珠)氏。 光の曲がり方が通常とは異なる先進素材を使って宇宙誕生をシミュレーションした。

実験の結果、「前進する“時間の矢”を後ろ向きに曲げ、既成事実を元に戻す」 という現象は実現不可能と示された。

スモリアニノフ氏は、「研究で用いたメタマテリアルは、約137億年前のビッグバン時代の原始宇宙をモデル化するにあたって、十分妥当な素材だ」と説明する。

スモリアニノフ氏とハン氏は、緑色レーザービームを使い、メタマテリアル内でビッグバンに似た現象を発生させる実験を行った。レーザー光が金原子に当たると、 自由電子の振動によって擬似的な粒子「プラズモン」が生成される。

プラズモンはレーザーがぶつかった点から放射状に外へ広がっていった。これは、「ビッグバン後、ある一点から物質粒子が放射状に広がった」という宇宙科学の想定に適合する。

観察を続けていくと、放射状に広がるプラズモンが外側に移動するにつれて、 経路が“ブレて”いくことがわかった。 この現象は、「介入がなければ、システムは時間の経過とともに無秩序になる」という 「熱力学第二法則」、いわゆる「エントロピー増大の法則」に合致する。

このシミュレーションモデルにおいてタイムトラベルは、「プラズモンが以前に移動した経路とまったく同一の経路に沿って移動し、“輪”を完成させる」現象として表現される。 ところが、エントロピーの影響などにより、プラズモンが経路を一度外れると、 輪を描くことはもはや不可能だった。

結果として、「宇宙に存在する粒子も時間を逆行できない」という結論が導き出される。

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/world/n_nationalgg_3__20110428_8/story/nationalgg_20110428001/

考察

素人の考察なんだけど、

単にプラズモンって電子の集団みたいなもんだから、当然経路はぶれる、輪は、そもそもできていないと、できていない過去にいっても、輪はできないのでは?

つまりこの実験で成功しても、失敗しても輪はできないのでは?

それなのに、輪ができていないから、タイムトラベルができないというのは、論理の飛躍があるようにおもう。

もう少し詳しい記事はないかなぁ?

プラズモン

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%A2%E3%83%B3

レーザ核融合

光産業創成大学院大(浜松市西区)は2012/04/04日、浜松ホトニクスやトヨタ自動車などとの共同研究で、 レーザー核融合反応を「爆縮高速点火」による手法で100回連続して起こすことに成功したと発表した。

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1333941315/

光産業創世大学院大

http://www.gpi.ac.jp/

日本がメタンハイドレートの掘削に成功!1000兆円分の天然ガスを獲得!日本が世界有数の資源国となったぞ

http://jin115.com/archives/51863205.html

日本が世界2位の産油国に!日本の経済水域には7000兆円分の油田があるらしい

http://blog.esuteru.com/archives/6190872.html

ネズミの脳に直接記憶を書き込む実験が成功

学術誌「Nature Neuroscience」に掲載された論文によると、脳の組織を操作して人為的に記憶を作り出す方法ができてしまったみたいです。

この論文を書いたのは、米国ケース・ウェスタン・リザーブ大学医学部の脳科学および生理学・生物物理学教授のベン・ストローブリッジ博士と、博士課程学生のロバート・A・ハイドさんです。彼らは短期記憶を脳組織に直接保存する方法を示し、試験管に入れたネズミの脳組織で実験、成功した

http://www.gizmodo.jp/2012/09/post_10892.html

ドラえもんの手

Cornell Creative Machines Lab が開発した「Universal robotic gripper」 は小さな部品からグラスや卵まで、その "丸い手" でグイグイ鷲掴みしつつ、対象の強度に合わせて力の入れ具合も調整、正確にモノを投げ入れたりもできる万能ロボットハンド。

http://japan.digitaldj-network.com/archives/51984119.html

テロメアを回復

iPS細胞:作成技術で長寿に? 米チーム、老化にかかわるテロメア修復

染色体の両端部「テロメア」が異常に短くなる難病の患者の皮膚細胞から人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作り、長さを回復させることに、 米ボストン小児病院などのチームが成功した。

情報源

http://himasoku.com/archives/51438799.html

STAP細胞

体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理

http://www.riken.jp/pr/press/2014/20140130_1/

小保方晴子

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E4%BF%9D%E6%96%B9%E6%99%B4%E5%AD%90

巨大な3Dプリンタを使い一軒家を20時間で建ててしまう「Contour Crafting」

http://sukoshifushigi.livedoor.biz/archives/33663447.html

Make:

http://makezine.jp/blog/2013/10/how-to-go-from-prototype-to-pro.html 俺の好きな雑誌

ワクチンで糖尿病治療=マウスで効果、持続も—大阪大

http://jp.wsj.com/article/JJ12109183858082294541217087230683603861454.html?mod=trending_now_1

google Calico

このプロジェクトはGoogleの大規模なクラウドとデータセンターを利用して、疾病と老化に関する研究を推進する。

Googleエンジニアが「脳機能をコンピュータにアップロードして不死が実現する」と主張 / 今後30年で実現か

http://rocketnews24.com/2013/06/25/343219/

サーモクリスタル

マサチューセッツ工科大学(MIT)の材料科学・工学研究者 Martin Maldovan 氏

http://sustainablejapan.net/?p=3516

フォトニック結晶およびフォノニック結晶の技術を拡張することによって、光をレンズで集束したりミラーで反射させるのと似た方法で熱を操作できるようにするという。2013年1月9日付けの Physical Review Letters に論文が掲載されている。

遺伝経路操作で蠕虫の寿命を5倍

遺伝経路操作で蠕虫の寿命を5倍に 人間に応用できれば500歳まで生きられる可能性も?!と米研究機関が示唆

 米Buck Institute of Age ResearchのPankaj Kapahi博士のチームは、蠕虫(ミミズやヒルな ど蠕動で移動する虫)である、シノラブディス・エレガンスの2つの遺伝経路を微調整し、その 寿命を5倍に延ばすことに成功した。この技術を人間に応用できれば完璧なアンチエイジングが 可能になるかもしれないという。

※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから http://irorio.jp/sousuke/20131216/96028/

若い血液との交換で若返りが可能

たんぱく質「GDF11」が脳神経や筋肉細胞の再生能力に大きな影響を与えている

GDF11

(Growth Differentiation Factor 11:成長/差別化因子)

効果

手法

GDF11を血中に注入する

入手

「組み換え型増殖分化因子11(GDF11)タンパク質 Recombinant Growth Differentiation Factor 11 (GDF11)」は和光純薬などのデストリビュータを介して日本でも入手できる

発表者

Harvard Stem Cell Institute(ハーバード幹細胞研究所)

エイミー・ウェイガース(Amy Wagers)教授

ウェイガース教授はGDF11の効果は認めつつも、「なぜGDF11が年齢と共に減少するのか、副作用の有無など、未知のまま残されている点が多い」と語り、実用化はまだ時期尚早であるという考えを明らかにしています。

情報源

http://gigazine.net/news/20140508-blood-protein-rejuvenation/

http://eco.goo.ne.jp/news/nationalgeographic/detail.html?20140506003-ng

老化プロセスを停止

60歳の高齢者を20歳の若者に変えるのに匹敵する「若返り」

リンク

Cell - Declining NAD+ Induces a Pseudohypoxic State Disrupting Nuclear-Mitochondrial Communication during Aging

http://www.cell.com/retrieve/pii/S0092867413015213

Anti-ageing compound set for human trials after turning clock back for mice | Science | theguardian.com

http://www.theguardian.com/science/2013/dec/20/anti-ageing-human-trials

研究チーム

ハーバード大学とオーストラリアにあるニューサウスウェールズ大学(UNSW)の共同研究チーム

NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)

NAD+は生物のおもな酸化還元反応の多くにおいて必須成分

紫外線に強い

、好気呼吸(酸化的リン酸化)の中心的な役割を担う。解糖系およびクエン酸回路より糖あるいは脂肪酸の酸化によって還元物質NADHが得られる。還元物質NADHを生産する好気呼吸反応系は以下の通りである。

疑問

すべての生物は、すでに持っているもんなんじゃないのか?

wiki

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%87%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8C%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%81%E3%83%89

代用肉

http://eco.goo.ne.jp/news/nationalgeographic/detail.html?20140522003-ng

若返り

NF Kappa Bの生成をブロックすると老化しない。

SIRT6がNF Kappa Bにブレーキをかけている可能性がある。

研究者

カリフォルニアのスタンフォード大学

情報源

http://gigazine.net/news/20090109_identify_ageing_processes/

Scientists identify chemical processes that lead to ageing - Telegraph

http://www.telegraph.co.uk/science/science-news/5385992/Scientists-identify-genes-behind-ageing-process.html

世界初のテロメラーゼ酵素配合化粧品が発売間近!

 アンドリュース博士は、科学界では「不老不死」の研究者としてよく知られているらしい。 その証拠に2014年には博士を取り上げた『The Immortalists』というドキュメンタリー映画まで作られ、数々の映画賞を受賞していた(日本未公開)。

 惜しくもアカデミー賞は逃したが、今回博士が来日したのはこの映画のプロモーションではない。 テロメアを長くして老化を止める夢のようなテロメラーゼ酵素がこのたび製品化されるからだ。

 安全にテロメアを修復させるため、30年間の研究生活で、博士は膨大な数の中から900ものテロメラーゼを発見してきた。

 そのなかでもっとも強力かつ安全なのが、TAM-818と命名された合成した物質。 博士の研究をバックアップしてきたニュージーランドのdfytime社が満を持して製品化することになったわけだが、 「defytime cream」と名付けられた製品は、日本で初のテロメラーゼ酵素配合の化粧品となる。

情報源

http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/42514868.html

睡眠の代わりの薬

オレキシン

orexin-A

http://health.tokyocafe.net/?eid=25

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-09 (水) 09:14:32 (2148d)