解決策を比較する観点

やり方

プロファイラーを使う方法があるが、 けっこう大味なので、自分は自作のストップウォッチコードを書いて、1行1行 ミリ秒単位で測定してから大きなボトルネックのチューニングを行い。それからマイクロ秒単位で測定して、ボトルネックのコードを修正して行きます。

トレードオフ

コードの見やすさと、プログラムの効率はトレードオフの関係です。

たとえば、プログラムを部品のように扱っている箇所を、1つ1つの処理に分解にすると、パソコンは、解釈する手間が省けて処理が早くなるからです。

対策と課題

だから、実際のコードは、展開されていたとしても、保守するコードはシンプルにしたいので、 コードを生成する保守用プロジェクトと、サーバにデプロイする実行用プロジェクトに分割するやり方が両立するやり方なのだろうと思います。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-11-18 (日) 15:20:08 (3258d)